العربية ภาษาไทย 中国 Deutsh English Español Français Italiano Pусский Português 日本の
ポリウレタン、低圧および高圧でポリウレタンの作業ができる危険性絵表示を伴わないiBiotec溶媒

 ポリウレタンのすすぎ、洗浄、除去および剥離 PU PPG.PTMEG.ポリエステル / TDI.MDI.NDI/ ダイアミン.ジオール.トリオール。ポリウレタン樹脂。ポリウレタンエラストマー。鋳造ポリウレタン。成形ポリウレタン。ポリウレタン成形。ポリウレタン鋳造

 

 

iBiotec®テック® ファーストクリーンPU 110

 ポリウレタン洗浄溶剤

ポリウレタン鋳物キャップのリンス用流体

低圧機械上で

アグロ溶剤

 

ポリウレタンのすすぎ、洗浄、除去および剥離 PU PPG.PTMEG.ポリエステル / TDI.MDI.NDI/ ダイアミン.ジオール.トリオール。ポリウレタン樹脂。ポリウレタンエラストマー。鋳造ポリウレタン。成形ポリウレタン。ポリウレタン成形。ポリウレタン鋳造

 

 

 

 

機械設定と循環時間の変更なしで利用できる

塩化メチレンの代替溶剤。

iBiotec®テック® ファストクリーンPU 110は、非常に短いポットライフなど、TDIタイプ、MDIタイプのコンパクトなポリウレタンRIMのリンスを可能にします。

iBiotec®テック® ファーストクリーンPU 110は、主に植物系物質と自然界の天然物質から構成されています。

iBiotec®テック® ファーストクリーンPU 110は、有機蒸気の排出を0%に低減します。

iBiotec®テック® ファーストクリーンPU 110は引火性ではありません。その引火点が高いため、安全に、寒い所でも、暑い所でも使用できます。

iBiotec®テック® ファーストクリーンPU 110には、健康に有害な物質は含まれていません。その成分は毒性もなく、発癌性もなく、突然変異誘発性もなく、生殖毒性もなく、毒物も含まずに刺激性もなく爆発促進性も腐食性もありません。

 

 

 

ポリウレタンのすすぎ、洗浄、除去および剥離 PU PPG.PTMEG.ポリエステル / TDI.MDI.NDI/ ダイアミン.ジオール.トリオール。ポリウレタン樹脂。ポリウレタンエラストマー。鋳造ポリウレタン。成形ポリウレタン。ポリウレタン成形。ポリウレタン鋳造

 

技術シート

iBiotec®テック® ファーストクリーンPU 110

 

 

 

 

1.55 kg相当の炭素

 

危険表示の図が不在 CLP 1272/2008 1079/2016

 

 

物理化学的な特性 

製品仕様

  工業規格

単位

側面

  視覚

透明

-

色彩

  視覚

琥珀色の

-

匂い

  嗅覚

なしで

-

25℃での密度

  NF EN ISO 12185

968

kg/m3

屈折率

  ISO 5661

nm

-

凝固点

  ISO 3016

-8

°C

水への部分的な

  -

溶解性

%

40℃での動粘性率

  NF EN 3104

3.0

mm²/s

酸価

  EN 14104

<1

mg(KOH)/g

ヨウ素価

  NF EN 14111

0

gI2/ 100g

水分

  NF ISO 6296

<0.1

%

蒸発後の残留物

  NF T 30-084

0

%

性能の特性

製品仕様

  工業規格

単位

カウリブタノール値

  ASTM D 1133

> 200

-

蒸発の速度

  -

> 6

時間

20℃における表面張力

  ISO 6295

32.0

ダイン/ cm

40°Cで銅板腐食100時間

  ISO 2160

1a

評価

アニリン点

  ISO 2977

nm

°C

火災安全性

製品仕様

  工業規格

単位

引火点(密閉式)

NF EN 22719

100

°C

自動引火点

  ASTM E 659

> 270

°C

爆発限界の下限

  NF EN 1839

非爆発性

%(体積)

爆発限界の上限

  NF EN 1839

非爆発性

%(体積)

爆発性、酸化性、可燃性、高度または極度に高い可燃性の物質を含有量

  区分、表示、包装に関する(CLP)規制

0

%

毒性に関する特徴

製品仕様

  工業規格

単位

アニシジン価

  NF ISO 6885

<6

-

過酸化物価

  NF ISO 3960

<10

meq(O2)/kg

TOTOX(アニシジン価+過酸化物価x2)

  -

<26

-

発がん性、突然変異誘発性、生殖毒性(CMR)物質の含有量、刺激性、腐食性物を含有

  区分、表示、包装に関する(CLP)規制

0

%

エステル交換から生じた残留メタノール含量

  GC-MS

0

%

腐食性の有害化合物、CMR、刺激物の100℃での発生

  GC-MS

なしで

%

環境保護面での特徴

製品仕様

  工業規格

単位

水に対する危険性

水に対する危険性のカテゴリー(ドイツ)

1.

水に対する危険がない

カテゴリー

第一段階における分解性CEC、25℃で 21日

L 33 T82

> 80

%

28日でOECD 301 Aが容易に生分解可能

CODの消滅

ISO 7827

> 80

%

28日で容易かつ究極的にOECD 301 D生分解 が可能

67日での生分解

改訂版MITI

> 90

%

 

コンパクト型PU設置マシンの操作説明書

ポリウレタン注型後の洗浄サイクル:  
 -10秒間の送風  
 - iBiotec®ファースト  クリーンPU 110 を3/5秒間注入 
 -  30秒間の送風 
これらの時間は例として示されており、ポリウレタンの性質によって異なる場合があります)。

通常「ごみ流出物」と呼ばれる失われた流出物は以下の理由で生じます。 
 第1の理由はポリオール、イソシアネート、及び任意に直食材を均一に混合するため、 
- 気泡を避けるために、 
- チャンバー内の残留物を除去するためです。

洗浄サイクルの間、混合チャンバーは、ろ過可能な流出液を回収するために、漏斗を備えたドラム缶の上に設置することができます(6分の1ミリメートルの金属フィルター)。混合物を24時間デカントすることもできます。 
iBiotec® ファーストクリーンPU 110 は、PUに応じて、連続して4回まで再利用することができます。

ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)シール(20℃、80℃、100℃で試験)およびシリコーンシールに適合
クロロプレンゴム・シール、Bunaシール、Butyl Chorobutylシール、バイトン・シールには使用しないでください。

使用上の注意:熱すぎず寒すぎない環境下で、外部と遮断された場所で保管してください。

 

プレゼンテーション

 

 

 

 

20リットルのボトル

 

 

ポリウレタンのすすぎ、洗浄、除去および剥離 PU PPG.PTMEG.ポリエステル / TDI.MDI.NDI/ ダイアミン.ジオール.トリオール。ポリウレタン樹脂。ポリウレタンエラストマー。鋳造ポリウレタン。成形ポリウレタン。ポリウレタン成形。ポリウレタン鋳造

 

200 リットルのドラム

 

 

ポリウレタンのすすぎ、洗浄、除去および剥離 PU PPG.PTMEG.ポリエステル / TDI.MDI.NDI/ ダイアミン.ジオール.トリオール。ポリウレタン樹脂。ポリウレタンエラストマー。鋳造ポリウレタン。成形ポリウレタン。ポリウレタン成形。ポリウレタン鋳造

 

1000 L GRLコンテナ

 

 

 

 

 

ポリウレタンのすすぎ、洗浄、除去および剥離 PU PPG.PTMEG.ポリエステル / TDI.MDI.NDI/ ダイアミン.ジオール.トリオール。ポリウレタン樹脂。ポリウレタンエラストマー。鋳造ポリウレタン。成形ポリウレタン。ポリウレタン成形。ポリウレタン鋳造